そばやの豆知識 ご存知ですか!?H14.9版 

☆:植物としての「そば」について

*:いつも、加工された形になじんでしまって
  いるそばですが、今月はこの辺りでもあち
  こちにそばの花が見られます。
  そばは、米・麦・大豆などと同じく、今や
  主要な穀物の一つですが、イネ科でもマメ
  科でもなく、植物分類学上はタデ科に属し
  ています。
  ソバ属の中でも、食用そばは大きく分けて
  三種類、栽培種の普通そばとダッタンそば
  
そして野生種の宿根そばです。
   普通そばは他家受精の一年草で、日常私達が
   そば切りや蕎麦がきにして食べている物です。
   ダッタンそばはルチンの含有量が極めて高く、
   苦味があり、中国では苦蕎麦と呼びます。
   宿根そばは多年草で、若い茎葉をおひたしに
   したり、根を漢方薬として利用します。
Q:そばの花ってどんなのですか?

A:そうですね。私も東京に住んでいた頃は、
  ポスターでしか見たことがありませんでし
  たから、そばの花を初めて見た時の印象は
  遠目からだと、大きめのかすみ草といった
  感じでしょうか。
  草丈は60〜130cmとやや高く、ひょろりと
  した印象です。茎の中は空洞で、枝は一枝
  ずつ茎から分岐し、更に孫枝が分岐してい
  ます。葉は、各節に一枚ずつついていて、
  ハートの形をしています。下の方ほど大き
  いハート型で、上に行くほど三角形や矢羽
  型
に近くなり、どの葉にも平等に陽が当たる様
   になっています。
   そばは、種まきから刈入れまでが約二週間と
   いわれ、痩せた土地でも栽培が可能なため、
   寒冷地や高山などでもそばの花が見られます
近くの蕎麦畑 9/4撮影 白以外に赤い花の品種も有ります

本格手打そばを食べに来ませんか? 地図をご覧下さい 定休以外に不定休があります。ご覧下さい。 トップページへ