そばやの豆知識 ご存知ですか!?H14.3版 

Q:そばに薬味がつくのはどうして?

A:そばの薬味としては主にネギや大根おろし
  わさび・のり・ゴマ・七味唐辛子など様々
  な物があります。そば通の中には薬味なん
  ぞ邪道とおっしゃる方もいますが、薬味に
  も十分意味があります。ネギはそばに豊富
  に含まれているビタミンB1の吸収を高め
  体を温めてくれますし、大根おろしは消化
  を
助け、食欲をそそります。わさびは辛み成分
   のシニグリンが食欲を増し、消化を助け、食あ
   たりを防ぐなどそれぞれの効果があるのです。
Q:わさびについてもっと詳しく教えて?

A:そばというものが食の文化に仲間入りした
  のが江戸時代。その初期にはすでに薬味と
  して「わさび」が使われていたと言います。
  そばの風味が落ちる端境期、味のないそば
  をひきたてるため使ったのがきっかけとか。
  わさびとそばは相性が良いだけでなく、左
  記の効能の他にも、わさびに含まれるビタ
  ミンCと、そばに含まれるルチン
を一緒に
   摂る事によってルチンの効能(11月参照)
   一層高まるのです。
*お店から*  本わさびのおろし方、辛味の消し方、保存の仕方

  当店でも、お薬味として本わさびをご用意しておりますので、以下の3点について
  少々ご紹介致します。

  本わさびのおろし方
   おろし金などを使ってすりおろす際、すり口に砂糖をつけると、砂糖がわさびに
   含まれる水分を吸収し、酵素の働きが良くなるので辛みが増します。また、葉の
   根元へ近づくほど辛みが増すと言われています。
   おろす時は、むやみに力を入れすぎず、キメ細やかに、優しくじっくりとおろす
   のがポイントです。

  
辛みの消し方
   先日、某TV番組で、鼻にツーンとくる辛みが効き過ぎて苦しくなった時、マヨ
   ネーズをなめると辛みが消せると紹介していましたが、辛みの酵素は熱によって
   働かなくなる性質を持っています。70度以上の熱で、全く働かなくなると言われ
   ていますので、熱いお茶を飲むと良いでしょう。

  保存の仕方
   本わさびは乾燥すると風味を失ってしまいますので、ご自宅などで保存する時は
   乾燥することを防ぎましょう。濡らした紙(新聞紙など)に包み、さらにラップで
   くるんで冷蔵庫へ。でも、なるべく早く使いきりましょう。

本格手打そばを食べに来ませんか? 地図をご覧下さい 定休以外に不定休があります。ご覧下さい。 トップページへ